top of page

ドゥカティ GT1000 バッテリー交換&カットオフスイッチ取付


こんばんは!最近は車が続いてしまいましたのでバイク整備をご紹介いたします。

本日はDUCATI GT1000のバッテリー交換です。



エンジンがかからなくなったとのお客様の申し入れがあり、細かくヒアリングした中でここ半年以上エンジンをかけていなかったようです。


点検をした結果バッテリーがかなり弱っていましたので早速新品に交換をします。


バッテリーのついている箇所はリアタイヤのすぐ上についてます(上部の写真参照)



後ろから取り外せます。


交換は完了しエンジンも好調ですがお客様のバイクに乗る頻度を考えた時、交換しただけでは早期にバッテリーが弱ってしまうのではと思いまして、、。



バッテリーカットオフスイッチのご提案です!

エンジンを切っていても微電流は常に流れる為それを抑制できるのでバッテリーを長持ちさせることができます。



エンジンをかけないときはダイヤル(青)をOFF側に動かすだけで微電流をシャットアウトできます!


バッテリートラブル件数は常に上位です。バッテリーの状態は常に気にしていきましょう。

閲覧数:174回
bottom of page