top of page

AUDI A2 ABSランプ点灯

今回は「AUDI A2のABSランプ点灯」です 走行中突然ABSが作動し、その後ABSランプが点灯します まずはテスターで診断します すると「Wheel Angle Sensor G202の電気的故障」と出ました 資料が全くない車の為、まずはネットで情報を集めます 調べてみるとご丁寧に、部品番号と簡単な説明と部品の写真が出てきました。

Querbeschleunigungssensor mit Drehratensensor. ↑これドイツ語です。

↓そして英語 Transverse acceleration sensor with rotation rate sensor

↓まだピンと来ないので日本語で 横回転速度センサーと加速度センサーです 要は 車が突然横方向に滑ったり 異常な加減速を感知するセンサーです

異常時にABSを作動させたり、アクセルをコントロールさせる為の物です ちなみにAUDI A2はアクセルワイヤーはありません フライバイワイヤー と呼ばれる方式で アクセル側にアクセルの踏み込み量を計るセンサーが付いていて アクセルの踏み込み量を電気に変換して その電気信号をエンジンのスロットルに伝える方式です ちなみに「Fly By Wire」を翻訳すると フライバイワイヤー そのままの文字が出てきました 調べてみる 元々は航空機技術からきている物だそうです

ではこの部品を探しましょー 資料が無いためあちこちバラしていきます そしてたどり着いたのがここ↓

シフトノブの前方です(これは助手席側から)


この2つです(加速度センサーと、横回転加速度センサー)

まずは定番の接触不良を疑ってみます カプラーを外すと


とてもピンが細いのがわかります エアバックによく使用されている物と同じくらいの細さです エアバックではこのピンが細いせいでよく接触不良を起こし エアバックランプが点灯してしまいます(他のメーカーでもよくあります)

これは接触不良の可能性大です まずはピンを清掃します 次にピンを少しだけ曲げます 以上です

ではテスト走行 走行すると距離で0kmから10km位で ABSランプが点灯するとの事です 念の為長距離の走行テストをおこないます

距離にして約150km程走りましたが

ABSランプ点灯せず

やはり接触不良が原因だったようです

閲覧数:8回

Commentaires


bottom of page